ファクタリングで資金調達┃外国では一般的な方法

借りやすさが特長です

札束

非正規雇用者でもOKです

消費者金融は、お金を借りる時に最も敷居の低い金融機関です。年齢が20歳以上で、安定した収入さえあれば、審査に通りやすいからです。職種は問わず、パートやアルバイトの方でも、安定した収入があれば借りられる可能性が高いのです。しかし面銀行カードローンと比較して、金利がやや高いというデメリットがあります。消費者金融では、100万円までの借り入れの金利が、ほぼ上限金利の年率18%となっています。これは、銀行カードローンよりも3%ほど高いのです。さらに消費者金融は、総量規制の対象となっています。ですから年収の1/3までしか借りられないという制限があり、銀行カードローンよりも借り入れ限度額が少なくなってしまうというデメリットがあります。とは言え、もともと消費者金融では50万円以上借りることは困難であり、普通の利用者にはあまり関係はありません。

休日も即日融資が可能です

消費者金融の最大のメリットは、融資のスピードの早さです。即日審査で、最短30分で審査回答が送られてきます。平日14時までに全ての手続きが完了すれば、15時までに振込まれる即日融資が可能となっています。また大手の消費者金融なら、平日の14時以降や土日・祝日でも即日融資が可能となります。その手順は、申し込みから審査回答まではネットで行います。審査回答を待っている間に自動契約機に移動します。最近は系列の銀行のATMコーナーに、自動契約コーナーが設置されている場合が多くなっています。そこで最終手続きを行い、ローンカードを受け取ります。そのローンカードを使用して、その場でATMからお金を借りられるというわけです。